忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

検証②


自分のサイトやブログに初めてSEOを施すことがおススメです。インターネット上にある、これをすればアクセスが増える、こうすればランキングが上がるという情報は、鵜呑みにしてすぐに試すのではなく、自分でもしっかり他の情報も探して仕入れて、自分で判断を下します。この情報の施策は、自分のサイト、またはブログに施しても問題がないか、効果が出るかなど、納得のいく答えが出てから施しても遅くはありません。SEOは先を読んで施す施策ですが、自分のサイトやブログがペナルティを受けてしまうよりは、少々施すのが遅くなってもいいので、よく考えてから施すべきです。今まで育ててきた大切な自分のサイトやブログがペナルテゥを受けてしまうよりは、少々SEOの効果が出るのが遅くなった方がましです。ペナルティを受けてしまうというのは1番最悪なパターンですから、この最悪なパターンは絶対に避けなくてはなりません。ですのでよく考えてからSEOを施してください。

SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」


退行催眠

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
PR

検証


SEOの検証をするのは、正解のないSEOにおいては大変難しいものです。例えばうちが、「メインブログで内部対策を強化してアクセスが増えました」、「被リンクをたくさん獲得したらランキングが上がりました」と言ったとしても、他の人が同じく被リンクを獲得して内部対策を強化したとしても、アクセスが増えたり、ランキングが必ず上がるかと言えば、必ずしもそうなるとは限りません。すべてのサイトに通用しないのがSEOともいえます。インターネット上などで、こうしたからアクセスアップした、ランキングが上がったという施策を鵜呑みにしたり、片っ端から試すのは危険です。なぜなら、下手したらペナルティを受けてしまう恐れがあるかもしれないからです。アルゴリズムが変わった時に、その施策がペナルティを受ける恐れがあるからです。ですので、なんでもかんでもむやみやたらに試すのは避けた方がいいのです。情報をしっかりと読み、ちゃんと把握して納得してから、

東京池袋のカウンセリングルームHP
池袋カウンセリング

安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
テキストリンクを増やす
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
画像リンクを増やす
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク


アクセス解析を見ていてきづきました。日に日に確実にメインブログへのアクセスが増えているのです。被リンクは一つしかなく、もっぱら発リンクばかりです。そして今年に入って、2013年1月下旬くらいから、内部対策に力を入れ始めました。被リンク一つと発リンクだけでもアクセスは増えるのですね^^。内部対策を強化してからは、検索エンジンのクローラーが来るようになりました。Googleからばかりでしたが、Bingのクローラーも来るようになりました。Bingのクローラーも来るようになりました。Bingのクローラーは、以前のメインブログに来たことは一度もありませんでした。2年も運営していたブログだったのに、ほぼ毎日記事も更新していたのに、それでもBingのクローラーは1度も来ませんでした。ですが、今のメインブログには、1年経たないうちに訪問してくれるようになりました。1度も来てくれたことがなかったBingのクローラーからのアクセスは嬉しかったです^^。

衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
サイトリニューアルで検索経由のアクセス数激減、原因は?HTML構造SEO
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す