忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自作自演


自作自演の相互リンクさせている人は多かったです。今自作自演の相互リンクをさせると、間違いなく確実にペナルティです。自作自演の相互リンクでなければ問題はありません^^。相互リンクがあまりにも不自然に多いのはペナルティの対象になります。このことから、自作自演の相互リンクは避けた方がいいのです。もちろん自作自演の相互リンクでなければ問題はありません^^。相互リンクの依頼があったら、相手のサイトやブログを少し調べて、悪質サイトや問題のあるサイトではないと判断できれば相互リンクの申し込みを受けるべきです。悪質なサイトやブログからの相互リンクは絶対に受け入れてはなりません。自分のサイトやブログの評価が落ちてしまいます。無料ブログを見ていると、たまにトップページに、「相互リンク大歓迎」「相互リンクお断り」と記載されているブログがあります。このように最初にはっきりといしひょうじされていると、申し込む側としては楽ですね^^。

検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず

ヒプノ(催眠)のセラピーサービス、カウンセラーのSite
ヒプノ セラピー

出張専科のリサイクル屋ホムペ、買取り・処分・回収サービスなど
出張 買取松山
処分松山
廃品 回収松山
液晶 テレビ買取松山

骨盤のゆがみを整体で矯正すると治る?梅田店HP
骨盤 矯正梅田
整体 梅田

SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
PR

関連


関連サイトからの被リンクはSEO上効果がある、効果が高いと言われていますし、言われ続けています。この真相はいかがなものなのでしょうか。この関連サイトからの被リンクの効果ですが、検証の結果、無関係のサイトからの被リンクでも効果があることが分かりました^^。関係のあるサイトからの被リンクは効果があるあると以前からよく言われていて、みんなこぞって自分のサイトやブログと関連のあるキーワードを使っているサイトやブログからの被リンクを獲得しようと躍起になっていた時代もありました。ですが、無理矢理不自然に自分のサイトやブログのキーワードと関連のあるサイトからの被リンクを獲得するよりも、無関係なキーワードのサイトでも、自然な被リンクを獲得する方がSEO上効果がありますし、ペナルティを受けづらいということがあります。あまりにも不自然な被リンク獲得は検索エンジンからの評価が下がりますし、ペナルティの対象となる場合があります。

Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する

催眠術で前世を知る事はできる?ヒプノサイト
催眠前世

引越しによる大量ゴミの回収処分サービス、松山市
ゴミ 回収松山

SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
短期間で検索順位を上げる
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い

発リンク


発リンクが多すぎると、SEOの効果が激減すると言われています。これは本当の事なのでしょうか。うちのメインブログは、発リンクは1ページ中に発リンクが100以上ありません。なぜ具体的にこの「100」という数字。なぜ具体的に100という数字が出てきたかと言いますと、グーグルが1ページからの発リンクを100以下にするようにと推奨しているのです。ですので具体的に「100」という数字がでてきました 。ですが、1ページから100の発リンクはものすごい量でむしろ疲れてしまうかもしれませんし(笑)。発リンクを設置する方が^^;。しかし、実際発リンク100以上設置してみましたが、ペナルティを受けることなく、今に至っていますので、この初リンク100以下に抑えた方がいい、抑えなくてはならないというのは間違いです。兼用の結果、発リンク200~300位までなら問題なく行けます^^。うちのメインブログは、1ページにつき、発リンクは平均1~2ですのでセーフ過ぎる(笑)。

黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす

ヒプノセラピーで忘れていた出来事を思い出す、催眠HP
ヒプノ セラピー池袋

高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる