忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発リンク


発リンクが多すぎると、SEOの効果が激減すると言われています。これは本当の事なのでしょうか。うちのメインブログは、発リンクは1ページ中に発リンクが100以上ありません。なぜ具体的にこの「100」という数字。なぜ具体的に100という数字が出てきたかと言いますと、グーグルが1ページからの発リンクを100以下にするようにと推奨しているのです。ですので具体的に「100」という数字がでてきました 。ですが、1ページから100の発リンクはものすごい量でむしろ疲れてしまうかもしれませんし(笑)。発リンクを設置する方が^^;。しかし、実際発リンク100以上設置してみましたが、ペナルティを受けることなく、今に至っていますので、この初リンク100以下に抑えた方がいい、抑えなくてはならないというのは間違いです。兼用の結果、発リンク200~300位までなら問題なく行けます^^。うちのメインブログは、1ページにつき、発リンクは平均1~2ですのでセーフ過ぎる(笑)。

黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす

ヒプノセラピーで忘れていた出来事を思い出す、催眠HP
ヒプノ セラピー池袋

高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
PR