忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アクセス解析を見ていてきづきました。日に日に確実にメインブログへのアクセスが増えているのです。被リンクは一つしかなく、もっぱら発リンクばかりです。そして今年に入って、2013年1月下旬くらいから、内部対策に力を入れ始めました。被リンク一つと発リンクだけでもアクセスは増えるのですね^^。内部対策を強化してからは、検索エンジンのクローラーが来るようになりました。Googleからばかりでしたが、Bingのクローラーも来るようになりました。Bingのクローラーも来るようになりました。Bingのクローラーは、以前のメインブログに来たことは一度もありませんでした。2年も運営していたブログだったのに、ほぼ毎日記事も更新していたのに、それでもBingのクローラーは1度も来ませんでした。ですが、今のメインブログには、1年経たないうちに訪問してくれるようになりました。1度も来てくれたことがなかったBingのクローラーからのアクセスは嬉しかったです^^。

衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
サイトリニューアルで検索経由のアクセス数激減、原因は?HTML構造SEO
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
PR